お問合せ アマゾンで購入するアマゾンで購入する

Newsお知らせ

開発-厚塗9

さて、日にちも空いたのでちょっとでも・・・

厚塗6の試験でSSTの剥離幅に差がみられなかったので、今までの結果と経験から、配合を検討しどうなるか見てみた。

上段 : 厚塗6 試験画像 下段 : 今回検討した配合によるSST

右上に同じとした部分は、塗料が全く同じ物を使用したにも関わらず上段の剥離幅は5mmで下段のそれは3.5mmと明らかに少ない。更に比較塗料の結果もまちまちである。

同じ塗料でも同じ結果にならない難しさをお伝えしたい !

ここから先は経験で要因の推測と結論を決定します。それがあっているかを検証し、想定通りの結果であればそれが正しかったとします。

ちなみに画像の下段一番左はプライマーなしであり全面剥離(テープ幅剥離)しています。プライマーの必要性が確認出来ます。

想定通りの結果だった画像。

試験  SST = 1日間連続噴霧 + 5日間放置 + 7日間連続噴霧

素材 SPCC-SB (鉄ミガキ鋼板)

※トラブルによりサイクル試験 (繰り返す) の様になり通常のSSTよりも「厳しい」と予測されます。

上塗りニトロセルロースラッカーでありSSTの試験期間も1+5+7日と長いにも関わらず (鉄 SPCC-SBで) 左 2.5mm と 左から2番目 2.0mmと言う結果であった。優秀であると思います。

◎画像 塗料の違いについて

開発者はこの塗料にエポキシ樹脂を数種類使用しています。その内1種類の割合を左より減らして行き、右の塗料には全くないと言う物をテストしました。(エポキシ樹脂総量は同じで割合を変更)

◇開発者の悩ましく思っている所

塩水噴霧の一番良い物は一次密着の切り口が少し汚い。どちらを優先すればよいか・・・

つづく

PROFACE サイクロンスプレー

PRODUCTS製品情報

多くの比較試験から作られた
一液変性エポキシ樹脂塗料。
各種素材に幅広く対応した
高品質プライマー。

サイクロンスプレーに関するご質問等、
お気軽にご連絡ください。

斎藤塗料株式会社


メールでのお問合せ

お気軽にお問合せください!

amazon

amazonでのご購入はこちらから